FXのストップ刈り、レート操作の真相はやはり・・・

FXのストップ刈り、レート操作の真相はやはり・・・

ネット上を中心に、FX投資家たちのあいだで渦巻く疑惑がある。一部の業者が、顧客に不利になるような操作をしているのではないか、というのだ。「低スプレッドといいながら、滑ってばかりでそのレートで約定することなどほとんどない(スリッページ)。有利な状態ではほとんど約定せず(約定拒否)、不利な状態では必ず約定する」「市場レートに比べ、提示レートが投資家に不利な状態にずれる。レートが一瞬だけ大きく動き、なるはずのないロスカットになってしまう(ロスカット狩り、ストップ狩り)」
チャートで見るストップ狩り

 

掲示板などには、そんな書き込みが溢れている。そして、これらの操作が「システム」として組み込まれ、業者の収益源となっている、というのである。システムは精妙にして巧妙であり、顧客の属性や状況(たとえば証拠金の額、取引頻度、損益など)によって。カテゴリー分け゛し、操作を変えているとのうわさもある。

 

同様の疑念は、業界内からもしばしば呈される。批判の対象は、「ネオFX」などと呼ばれる勢力だ。その共通項は、低スプレッドとハイレバレッジで人気を集めていること、近年急速に業績を伸ばしていること、システム系の企業を出自とすること、である。批判する側には、もともと外国為替市場にかかわり、日本のFX業界を築き上げてきたと自負する老舗業者が多い。ここでは、便宜上「伝統派」と呼ぶことにしよう。「あんな低スプレッドで収益を上げられるのはおかしい宅暴に利益を稼ぐ仕組みがあるはずだ」。それが、伝統派の疑念の根本である。

 

 

『ストップ狩り』は否定。検証はきわめて難しい。

第一に、仮にこれらが事実だとしても、違法ではない。FXが業者と顧客の相対取引である以上、値付け(レートの提示)は業者の自由だからだ。ただ、明らかにフェアではない。本当に。故意に々顧客に損をつけさせ、それを収益源にしているなら、モラルを問われるのは言うまでもない。

 

第二に、是非の以前に。故意々を実証するのがきわめて難しい。。技術的にはどんな操作も可能"といわれる一方で、「結局、システムの中身を解析しないとわからない」のだ。

 

「ストップ狩り」を示すとされる、ある業者のレートの動きである。直感的に。不自然"であることは確かだ。もし、この。下ヒゲ々の範囲に顧客のロスカットラインがあれば、顧客は瞬間的にロスカットとなり、損失が確定する。そして、そのぶんが業者の利益になる。

 

当事者である業者に、直接質問してみたが「故意のレート操作はしていない。ただ、このような(不自然な)レートが出てしまっているのも事実。通常のFX業者は指標発表時には、カバー先の提示レートだけでなく、いろいろなレートを参照するようロジックを組んでいるはずである。FXは24時間、変動する為替相場において様々なカバー先銀行が提示するベストレートを投資家に提示しているとされている。技術的に非常に高度であることが予想される。もちかしたら一部、システムの遅れなどで、このようなレート操作やストップ狩りと称される事象も起きているのかもしれない。しかし真相は誰にもわからない。

 

少なくとも、この説明でFX投資家を納得させるのは難しい。様々なFX業者に問合せをしてみたが、いずれのネオFX業者も、ストップ狩りに関しては断固否定した。各社の説明をまとめれば、「指標発表時など市場が大きく動くときや、逆に流動性が低下する時間帯には、カバー先の銀行がおかしなレートを出してくる場合がある」のが、こうした動きが時に表れる要因だという。つまりは、不可抗力で結果そうなる'のが誤解されている、というものだ。

 

スリッページや約定拒否に関しても同様だ。やはり為替市場の動きや通信によるタイムラグが原因であり、故意はありえない々という。「なぜ利益を出せるのか」という疑問についてはどうか。為替相場で流動性が確保され変動があれば出せる」というのが各社共通の回答だ。「多数のカウンターパーティ(カバー先)から、いちばんいいプライス(レート)を取りにいっている。ある程度のボリュームを出しているので、プライスもいいのではないか。ボリュー・ムがなければ、このビジネスモデルはできないようだ。

 

対して伝統派は、「インターバンクの提示するレートは、ドル円で2銭が実勢。0.5銭や一銭という固定レートは、それからかけ離れている。ほとんど約定拒否やスリッページになれば別だが、インター・バンクで調達可能とは思えない」と疑問を投げかける。FX業界の伝統派といわれているFX業者では「ウチは平均でも0.8銭以下というレートが出ているし、約定率も非常に高い」としたレートで、『業界内で見れば、うたった数字が実際に出ていない、まったく約定しないといった業者は実際にある」という。

 

【ご注意ください】

当サイトの掲載内容に関してはその正確性を保証するものではありません。FXをはじめる際は、各FX業者のホームページなどでサービス内容、FXのリスクを十分に確認してください。投資にかかわる情報収集、取引においてはすべて投資家の方の自己責任となります。